最近は戦法の進化が著しく、戦法名がないものも増えてきました。

「プロは知らないor指さないけど奨励会員は指す」

というような戦法もたくさん出てきています

 

今回はその中から、奇襲戦法&個人的に有力だと思うもの

をご紹介していこうと思います!

 

もしかしたらあなたの必勝戦法が見つかるかもしれませんよ?

 

 

桂ぴょん地下鉄飛車

 

名前がダサいのはたった今、私が付けたからです(笑)

 

 

ノーマル三間飛車から始まった形で、

狙いは端攻め一点というなかなかシンプルな戦法ですね。

この後、相手の布陣によってはいきなり▲1三桂成から殺到して先手優勢になります。

 

地下鉄飛車からの桂ぴょんで将棋が終わるなら楽しさこの上ないですよね(^-^)

数年前にネット将棋上で現れて、それをもとに研究されたのがこの形です。

Youtuberで元奨励会員のアユムさんも過去に動画内で採用しています。

中にはその動画を見たからこの形は知っているよ、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

組み方ですが、そこまで難しくないです。

気を付けるポイントは4点。

 

・玉は▲4八までしか囲わない。

・相手の△1二香を見てから▲4七銀。

・相手が△7四歩を突くまでは▲6七銀を上がらない。

・△4二銀の瞬間に▲2五桂。

 

です。

最初の二つは大丈夫かと思います。最後の二つは少し解説しますね。

 

まずギリギリまで▲6七銀を上がらない意味。

これは単純に無駄手だからです。省略して地下鉄飛車の完成を急ぎましょう。

△7四歩と角頭から攻め筋を見せられたら上がるという姿勢で構いません。

 

ですが実際に△7四歩から攻められると戸惑うと思うので、

その時の対応手を見ていきましょう。

 

 

次に△7五歩を見せられて忙しいですね。

しかしここでは▲6五歩という強気な一手があります。

 

△同銀は▲2五桂、▲1三桂成から一歩取れるので最後に▲6六歩と打って先手良しです。

 

△6四銀のほかに△7二飛もありますが、

▲2六歩△7五歩▲同歩△同飛

▲1四歩△同歩▲1三歩(第1図)で

 

第1図

 

△同香と取れない(▲2五桂から香を取って▲7六香がある)のでこれも先手良しです。

 

次に△4二銀の瞬間に▲2五桂、の意味を見ていきましょう。

 

 

この局面。

基本的にすぐ▲2五桂と跳ねるのは△4二角から△2四歩を狙われてダメです。

しかし、△4二銀の瞬間なら△2四しか逃げる場所がないので、

▲2五桂が指せるよ、という意味ですね。

 

 

▲2五桂△2四角以下、

▲6五歩△3一銀右▲2六歩△7四歩

▲6七銀△7三桂▲5六銀左(第2図)

 

第2図

 

きれいな形ですね。

次にすぐ端攻めができるわけではないのですが、

もし相手が△4二角と引けば、▲4五歩△同歩▲1三桂成で攻めが刺さります。

△2四角は△1三の地点を受けている駒なので動かすことができません。

 

先手が攻めやすい展開なのでおすすめの戦法ですよ!

 

 

ミレニアム特攻型

 

以前紹介した【5つの現代振り飛車】の中にあったミレニアム四間飛車。

その時の記事はこちらから↓
常識を疑え!5つの現代振り飛車!

それを改良して指されているのがこの形です。

 

 

普通は▲2八玉型なので、コビン攻めがうるさく成功することはないのですが

ミレニアムならそれを気にせず攻めることができますね。

 

 

次に▲4五歩から攻められると危ないので居飛車側は△4三金と上がりますが、

 

▲5八金△3二金▲4五歩(第1図)

 

第1図

 

 

と進めます。このとき気をつけてほしいのが、

▲6五歩はギリギリまで突かない、ということです。

この形なら△同歩に▲同桂と取って先手良しですが、

▲4五歩に代えて▲6五歩と指すと、

 

△8六歩(1)▲同歩△7四歩▲4五歩△同歩

▲同桂(2)△7七角成▲同桂△4四銀(第2図)

 

(1)このタイミングしか入らない。

 

(2)▲3三角成は△同桂で続かない。

 

第2図

 

▲7一角から攻めの続く形ですが、

こちらは穴熊ではないので△8六飛から攻め合われて厳しい形勢です。

 

やはり単に▲4五歩の方が有力です。

これに対して、△7四歩なら

▲4四歩△同銀と形を決めてから▲6五歩(第3図)と指します。

 

第3図

 

これなら角交換になることはありませんし、(△5三銀は角交換から▲4四歩で先手良し)

むしろ次に▲2五桂から二枚換えを狙うこともできます。

 

▲2五桂を嫌って△2四歩と突けば、

▲4五桂△4二角▲4四角△同金▲5三銀で先手良し。

△4二飛なら▲2五桂△1五角▲4四飛△同金▲5三銀で同じく先手良し。

 

序盤にやや神経を使いますが、

振り飛車を持って不満のない戦いができると思います!

 

右三間飛車

 

 

一度四間飛車にしてから銀を繰り出し、右三間飛車に振り直す。

これは私が奨励会の級時代にやっていた戦法です。

当時、先輩の奨励会員たちに笑われた記憶がありますが、

結果的に広まってプロの実戦にも1局現れています。

 

これは何が魅力かと言いますと、

まず穴熊に組まれないというところなんです。

そして先攻を取り、敵の玉頭を制圧することもできます。

 

ポイントは

▲3八銀~▲4六銀まで指してから▲3八飛を回る。

8筋を守るため、▲7八銀で固定。

すぐ銀交換しない。

の三点ですね。早繰り銀のような感覚で非常に使いやすいと思います。

 

最後のすぐ銀交換をしない、の意味は

たとえば局面から△4四銀と指してきたとき、すぐ▲3五銀と取らないということです。

取ったその瞬間は気持ちが良いのですが△同銀▲同飛△3三歩で味消しとなってしまいますね。

 

△4四銀には▲6五歩(第1図)が最善手で、

これなら▲3五銀△同銀に▲2二角成△同銀▲7一角の狙いが生まれます。

 

第1図

 

これにて先手優勢、というわけではないですが、

力戦調の将棋が得意な方は実力を発揮できる展開だと思います!

 

 

まとめ

 

  • 桂びょん地下鉄飛車

△7四歩突かれるまで▲6七銀は省略

△4二銀のタイミングで▲2五桂

 

  • ミレニアム特攻型

▲4五歩~▲4四歩としてから▲6五歩

▲2五桂から二枚換えの筋を狙っていく

 

  • 右三間飛車

一度四間飛車にしてから右三間飛車

8筋を守るために▲7八銀固定

すぐに銀交換しない

 

いかがでしょうか?

奇想天外な戦法ばかりで驚かれた方も多いと思います。

奨励会は持ち時間が90分(級位者は60分)しかないので、

序盤で相手の虚をつくのも有効な作戦なんです。

 

プロ同士なら持ち時間もたくさんあって、

私たちより断然に強いので受け止められてしまうことでしょう。

しかし奨励会員になら通じる、ということは私が実証しています!

 

皆さんもこの三つのいずれか使ってみてはどうでしょう?

もしかしたら得意戦法になるかもしれません!

 

以上、【奨励会員が指す奇襲戦法】でした!

Pocket
LINEで送る