将棋には定跡以外に「直観的にここはこれ」という局面が存在します。

プロ棋士、女流棋士、奨励会員、アマ強豪なら全員手が一致する局面です。

これがこの記事でご紹介する局面の急所。

 

それはどのような局面なのでしょうか?

 

今回は全3問、主に中盤での指し手を当てて頂きます。

 

対象段級は初段~五段です。

有段者は脳内将棋ができることかと思いますので、

テーマ図以外は極力盤面を出さないようにしますね。

その方が実力向上への近道となります。

 

 

それでは早速やっていきましょう。

 

第1問 vs銀冠穴熊

 

 

まずはこの局面。

後手が△2二金と指したところ。

一見、何の変哲もない中盤戦に見えますが、すでに勝負は始まっています。

 

普通に指すなら▲2八玉ですが、それだと△3二金右で

次に△8六歩▲同歩△6四銀から仕掛けられてしまいます。

おまけに後手は穴熊。分が悪いですよね。

なので穴熊に組まれる前に、一勝負起こしたいところ。

 

私だったらこの局面に最低10分は考えます。

 

振り飛車を指し慣れている方なら

最初に▲5八飛が浮かぶかもしれません。

△3二金右には▲5五歩から中央突破。

 

普通の感覚ならこれで良いのですが、

 

以下、△同歩▲同銀△8六歩▲同歩(1)△7五歩

 

▲同歩(2)△7六歩▲6八角△6四銀(第1図)

 

 

(1)▲同角は△同飛▲同歩△6七角。

(2)▲5四歩は△7六歩▲6八角△6四銀。

 

第1図

 

 

先手玉が▲3九にいるために△6六角が王手になってしまうのです。

歩を1歩渡しただけでこの有様。

どう指せば良いのでしょうか?

 

そもそもなぜこんなに

振り飛車側が苦戦しているのかを考えましょう。

 

 

よくよく見てみれば、普通の対抗形と違って

後手の角道が止まっていないことがわかると思います。

これが原因です。後手の角の利きが強すぎるのです。

なので、その角利きをずらす手が正解となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は▲2五歩!

 

 

 

△同歩▲同桂△2四角で角の利きを逸らすことができます。

△4二金、△2二金型なら角は引けませんからね。

△3二金右なら▲3五歩と攻め味をさらに増やして相手に嫌みを与えていきます。

 

ですがここで安心していたらすぐに負けますよ。

△同歩▲同桂の後に何もしなければ

△3二金右~△5一角とされて次に△2四歩から桂馬が取られてしまいます。

これこそ『桂の高跳び歩の餌食』になってしまいますので、

 

追撃手段として、

 

▲6五歩△3二金右に▲1五歩。

 

△同歩に▲3五歩△同歩▲5五歩(第2図)。

 

第2図

 

 

これで▲1三歩からの攻め筋ができました。

歩も二つ目が手に入りそうなので攻めに困りません。

▲5五歩のところは▲2七銀~▲3八飛という筋もあります。

 

この局面の急所は角の強力な利きを逸らすことにありました。

序盤だからといって油断は禁物です!

 

 

 

第2問 vs角換わりその他

 

 

 

 

次はこの局面。後手が△2二銀と引いたところです。

後手の形は部分的にはよくある形で、

藤井聡太七段もこの形を持って指したことがあります。

本当は先手で使うのですが、局面の見やすさを考慮して先後反転しました。

 

それでは解説していきます。

まず直前の△2二銀は負けたら敗着級の一手です。

なぜでしょう?

考えるべきは△2二銀の後にどのような形を作ってくるか、です。

 

 

後手は△2二銀の次に△3三桂と跳ねて

△1二香~△1一飛を狙っているんです。

 

後手も局面の急所をとらえて、

右玉には地下鉄飛車

そう判断したわけですが手順前後してしまいました。

ある重要な手を指し忘れてしまったのです。

 

ではそれを咎める一手を探してみましょう。

△3三桂と跳ねた形の弱点を見つければすぐできますよ。

 

 

初段~二段の方はまず次の1手を考えてみましょう。

三段~四段の方はその先5手以上を、

五段以上の方は後手が△2二銀のところで正しく指した場合、

先手はどう指すのが良いか、まで考えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は▲5五歩!

 

 

これが局面の急所、盤上この一手です。

この手にも△3三桂と跳ねれば、

すかさず▲5六角と打ち、▲3五歩~▲3四歩を狙います。

 

ここまで読めれば有段の力は間違いなくあります。

ですがその先まで読めないと将棋は勝てません。

 

▲5五歩△3三桂▲5六角△4二金寄▲3五歩

 

△5二角▲3四歩(1)△同金▲同角△同角▲3五金(第1図)

 

 

(1)▲3六銀は△3五歩▲同銀△3六歩で、

▲3四歩から桂は取り返せるが後手の方が厚みがあるため先手不利。

 

 

 

第1図

 

後手は▲5六角に必死の抵抗をしてきますが、

これにはあっさり角金交換をして▲3五金。

以下、△5二角▲3四歩で3筋の制空権を握れば先手有利でしょう。

 

そのため、後手は△2二銀のところでは

先に△5四歩(第2図)と指さなければいけなかったのです。

 

第2図

 

 

これなら▲5五歩は阻止できるので、

今度こそ地下鉄飛車を完成させることができます。

▲5五歩から歩交換して▲5六角と打つこともできますが、

今度は△6五歩から角頭を狙われてダメです。

 

これに対し、どう指すべきかということですが、

主に正解は二つですね。

 

一つは▲8九飛から逆襲を狙って、後手の飛車を8筋に固定させる指し方。

 

もう一つは▲5八金~▲4八玉と後手の攻めを緩和する指し方。

 

どちらを選んでも互角の形勢です。

 

とにかくこの形は地下鉄飛車を食らったら危ない、

だから▲5五歩から警戒する、という思考に至るかどうかが勝負の分かれ目です。

局面の急所を見抜く力さえあれば、

この難所を乗り越えることができますよ!

 

 

 

第3問 vs角交換振り飛車

 

 

何を指しても良さそうな局面ですが、

実はすでに1手1手細かく考えないといけない中盤戦です。

 

なぜでしょう?

まず後手の次の狙いは何ですか?

 

 

 

当然、△2五歩ですよね。

▲同歩△同飛で、飛車交換は圧倒的に先手が不利。

かといって▲2六歩では△2二飛で作戦負けです。

 

先手は何でも指していいわけじゃないんです。

この△2五歩からの飛車交換に対応できる手が必要ですよ。

 

 

初段~二段の方はまず次の1手を考えましょう。

三段~四段の方はその先5手以上、考えましょう。

五段の方は詰むか詰まないかの局面まで考えましょう。

 

正直、五段以上の実力があれば次の手は指せて当然。

プロの先生に訊いたら、100人中100人が同じ手を指すはずです。

 

 

 

 

では答えに移りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は▲8五歩!

 

 

できましたでしょうか?

以下も指し進めてみましょう。

 

△2五歩▲同歩△同飛▲同飛△同桂▲8四歩

 

こうして玉頭を攻めるのがポイントです。

ここまで読めていれば局面の急所は

おおよそ理解できていると言って良いでしょう。

 

ではさらにその先も見ていきます。

 

 

 

△同歩▲2一飛△2六飛(1)▲3九金△2八歩

 

▲1一飛成△2九歩成▲8三歩(2)△同玉▲7五銀

 

△2九歩成▲8四銀△同玉▲8六香(第1図)

 

(1)△2七飛は▲3九金△3七桂成に▲1一飛成で空振り模様。

 

(2)▲4九金は△2八飛成で攻めが一手早くなる。

 

第1図

 

 

以下は玉をどこに逃げても▲6一竜で必至ですね。

この▲8六香まで読めれば五段クラスの力があると言えます。

 

ここまで見越したうえで、

▲8五歩の局面で△6四歩▲7五銀以下の変化を考えられていたら

軽く奨励会は入れますよ(笑)

 

でもそこまで読める方はそういないので、

まずはこの▲8五歩が局面の急所だということを

覚えていただければと思います。

 

最後に

 

このように局面の急所をとらえられるかどうかで、形勢がガラリと変わります。

有段者同士の対局では、なんでもないようなところで

差がついていた、という現象が起こりがちです。

 

「感覚的にここはこう」と局面の急所がわかれば良いのですが、

意識しても最初は難しいと思います。

なので、まずはこの記事で所々やったように理論立てて考えることが重要ですよ!

 

以上、『局面の急所を見極める』でした!

 

Pocket
LINEで送る