今回は前回に引き続き、歩の受け手筋をご紹介していこうと思います。

 

ちなみに前回の歩の受け手筋一覧【級位者編】を

ご覧になっていない方はこちらからどうぞ↓

 

歩の受け手筋一覧【級位者編】

 

この記事の対象者は初段~四段です。

 

駒の効率を下げる歩

 

まずはこちらの局面。

 

次に飛車成りがあるので受ける一手ですが、

ただ▲5六歩と打つのでは少し味気ないです。

 

ここは▲5三歩△同飛▲5六歩と飛車の位置をずらして受けるのが正解になります!

 

 

次に▲8二角の打ち場所ができているので、相手は△5二飛と下がるしかありません。

その局面は歩を渡す代わりに手番を得たことになります。

あまり早い段階でこの手筋を使うと歩の枚数差で失敗に終わることが多いですが、

中終盤で使えば上手く相手を揺さぶることができるでしょう!

 

ではもう1問やってみましょう!

 

 

今度は玉がありますので双方の状況をよく考えながら答えてください。

5手1組です。答えは↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲9八歩△同金▲9九歩△9七金▲9八香です!

 

 

次に△5九角成と指されると挟撃形になってしまうので、

反対側の金の効率を下げるのが正解です。

▲9八歩に△8八金打なら▲6九玉と逃げておいて、

△5九金がないので悠々と右辺に逃げることができます。

最後の▲9八香に△9六歩と粘るのは▲9五香がピッタリで先手優勢です!

 

さらにもう1問やってみましょう。

 

 

後手の方が攻め駒が多いので一目は先手不利ですが、

ここで最善の手を指せれば互角です。

 

▲2三銀と攻めたくなるかもしれませんが、

先手玉も相当に危ない形なのでここは一度受けましょう。

答え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は▲5九歩です!

 

 

これに△同飛成なら▲3七角が竜飛両取りです。

以下、△7九竜から王手が続く形ですが、

最後に▲2三銀のカウンターがあるので問題ありません。

 

 

先打ちの歩

 

 

図のような局面があったとき、どう指しますか?

相手の狙いは△6九飛、△6九銀です。

 

 

 

正解は▲6九歩の先打ち!

 

 

『敵の打ちたいところに打て』という格言もありますね。

これで攻めをしのぎます。

 

▲7八玉は戦場に近付いている感があるので微妙、

▲5九金は△2八飛が気になりますね。

 

さて、これを例題に次の問題も解いていきましょう。

 

 

これは何も知らずに解いたら難問だと思います。

ですが、先ほどの先打ちの歩を覚えたらできますよ。

 

現状は▲7六金、▲5一角、▲4九玉、その他の4択。

それぞれがどうしてダメなのか、を検討しながら考えてみてください。

 

答え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲6九歩です!

 

 

 

こうすることで駒損を最小限に抑えることができます。

△同とは▲4九玉、△8九竜は▲5八玉で一時をしのぐことができます。

 

初手▲7六金は△8九竜から飛車が取られてしまいますし、

▲4九玉は△6七角成▲同銀△8九竜▲3八玉△4六桂▲2八玉△2七金

でいきなり寄り形ですし、

▲5一角は△3一玉で王手は追う手。何の利かしにもなっていません。

 

▲6九歩は有段者なら盤上この一手です。

 

紐歩

 

 

紐歩とは言葉通り、駒に紐をつける歩です。

こちらは簡単なので、この1問をやれば大丈夫でしょう。

 

局面は互角。

ですが次に△4五歩▲同歩△2四角を食らうと駒を次々に捌かせてしまいます。

まずこちらが先に捌けるよう、紐歩で差をつけましょう!

 

答え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲3九歩!

 

 

 

こうすることで次に▲4五桂と跳ねれるようになります。

それを避けて△2四角としても今度は▲6五歩があるので先手優勢です。

 

 

プロがよく使う高級テクニック

 

正直、ここまで読んできてレベルが低いな、と思いませんでしたか?

途中難問もありましたが、三段以上なら全問正解できるはずです。

今回はここからが本当の有段者向け手筋の紹介になります。

手筋名は言いませんので、次の一手だと思って考えてみてください!

 

 

第1問

 

 

 

現在、先手は桂損。駒の働きの後手の方が良いので、

何か挽回する手を指したいところ。これはプロの実戦でもよく出てくる手筋です。

 

 

 

答え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲8八歩!

 

 

先手は▲8一竜と駒損を回復したいところだったので、

それを妨げている竜と

自陣に良く効いている馬の利きを同時に止める▲8八歩が正解でした!

 

第2問

 

 

一目、何を受ければわかりにくい局面ですが、

次に後手から△6五桂と打たれると途端に自玉が狭くなってしまうので

まずはそれを受けたいです。

 

答え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲5八歩!

 

 

△6五桂を受けると聞いて▲6六歩を考えた方、いらっしゃると思いますが、

それだと今度は△4五桂と打たれて、▲2八馬△3八飛成▲同馬△8八歩

以下、先手が悪くなってしまいます。

 

なので△6五、△4五に桂を打たれることを先読みして▲5八歩と打つのが正解です!

これに△6五桂なら▲6六歩で桂が取れますし、

△4五桂なら先ほどの変化と同じように進めたとき、△5七銀の傷がありません。

 

じっと歩で自陣の憂いをなくす。プロ好みの一手ですね。

 

プロでもうっかりする手筋

 

次の問題はプロでもたまにうっかりする、マジックのような手筋です!

 

 

現代調の局面ですね。

角換わりを指す方なら、似たような局面を何度も迎えたはず。

 

例えばこの局面で▲同金は△3八角、

それを避けて▲4九金は△3六銀不成。

普通は△4七銀を指されたら失敗、角換わりが得意な人はそう学んだはずです。

 

ですが、この場合は条件が揃っているので、

7手1組の好手順を指すことができますよ!

 

これは難問です。私は奨励会員になってから知った筋です。

 

ヒントは「△3八角は打たせる」。

 

答え↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は▲2四歩△同歩▲4七金△3八角▲2四飛△2三歩▲4八金でした!

 

 

△3八角と打たれた時に、飛車の取らせる位置を変えれば

このように飛車と角銀の交換に持ちこめるというわけです。

 

それを嫌って▲2四歩の時に△4八銀不成としても

▲2三歩成△同金▲2四歩で駒損を回復することができます。

以下、△同金▲同飛△2三歩▲3四飛△3三歩▲4四飛△同歩▲4三銀(変化図)

うまく相手玉に食らいつけましたね!

 

変化図

 

 

最後に

 

歩の受け手筋はどうでしたか?

もしかしたら四段以上の方でもできていない問題があったのではないでしょうか?

歩の受けというのは基本的なものが多く、有段者向けを作るのに結構苦労しましたが(^_^;)、

ためになるような手筋を今回たくさんご紹介しましたので、覚えていただければと思います。

 

 

 

以上、歩の受け手筋一覧【有段者編】でした!

Pocket
LINEで送る