最近勝てないな、いつまで経っても級が上がらないな、

そう思っている方はいませんか?

時にはそれを「先生の教え方が悪い」と人のせいにしたり・・・

 

残念ですが強くならない原因はあなたにあります。

 

私は奨励会にいて多くの天才を見てきました。

しかしその中でも実力が停滞してしまい、

退会していく人も多く見てきました。

 

なぜこんなに技術のある人たちがプロになれないんだろう。

そう思って色々と分析した結果、その人たちには共通の特徴がありました。

 

今回はそれをお教えしますので、

心当たりのある方はぜひこの機会に直して頂きたいなと思います。

 

特徴その一 やってるつもり

 

例えばですが、

今日は10局対局と棋譜並べして、詰将棋も50問解いた。

こういう人がいたとしましょう。

なかなかの努力家ですね。普通ならすぐ強くなります。

 

しかしここに思わぬ盲点があって、

実はそういう人は量をこなしているだけで頭に入ってないんです。

 

  • 対局は感想戦もしっかり。次は同じミスをしない
  • 棋譜並べは一手一手の意味を考えながら
  • 詰将棋は見た瞬間に解けるようになるまで何度も解く
  • 学んだことをすぐ実戦

 

こういう意識がないと勉強しても身に付きません。

そして身に付けても使えません。

何事もそうですが、勉強は量より質です。

 

段級によってこれくらいの勉強量という目安はありますが、

(下の記事に書いているのでぜひ)
将棋が本当に強くなる8つの勉強法

 

自分をどういうところを強化、矯正していくか。

これを考えながらじっくり勉強すると強くなれませんよ。

 

特徴その二 メンタルが弱すぎる

 

自分の将棋に完璧を求めるあまり、悪手を連発するとやけになってしまう。

そんな経験ありませんか?

あるいは、

相手は強い人だからどうせ最後は負かされるんだろう。

そういう気持ちになってはいませんか?

 

見落としがちですが、将棋はかなりのメンタルゲーです。

 

  • どんなに酷い将棋でも詰まされるまで粘る、
  • 相手が誰であろうと最後は自分が絶対に勝つ。

 

世間が天才と呼ぶ人たちは技術もすごいですが、精神面もすごいです。

ここぞという対局で力を発揮できるんですよ。

 

逆に心が病んでいたり、イライラしていると、

読みと指し手の質がドンドン悪くなり、負ける確率は上がります。

 

私も昔からかなりメンタルが弱く、昇級の一番は10回以上逃しました。

対局に余計な感情を持ち込むと悲惨なことになるのは実証済みです(笑)

 

 

こればかりは勉強法もないので、

セルフコントロールをしっかりしていくしかありませんね。

 

私は息抜きを用意したり、楽観的な考え方に切り替えたり、

対局中に席を立って気分転換したりしています。

棋士や女流の中にはストレスが対局に影響しないよう、

積極的に心理相談室に行く方もいらっしゃるとか。

 

平常心で指せるよう努力するのも強くなる秘訣ですよ。

 

特徴その三 マナーがなっていない

 

これは言うまでもないことです。

プロの先生にマナーの悪い方はいませんよね?

どの先生も礼儀正しく、フェアに指しています。

 

あなたは大丈夫ですか? 無意識のうちに失礼なことをしていませんか?

マナーについて、こちらからの記事から確認できます。ぜひ!
【完全版】将棋のマナー違反一覧

 

 

マナーが悪いことが直接強くならない原因というわけではありません。

 

マナーが守れない人は他人からの信頼がないですよね。

そうなると必然的に将棋を指してくれる人は少なくなってしまいます。

将棋は強い人に教えてもらうことで強くなるので、

その機会を失わないよう、礼儀良く指すことを心がけてください。

 

特徴その四 効率が悪い

 

先ほど勉強は量より質と言いましたが、効率を忘れてはいけません。

例えば、

超難問の詰将棋を1問考えていたら1日終わってしまった、

棋士の指し手が理解できないまま、その日は終わってしまった、

というのは効率が悪いですよね。

 

  • できない問題はある程度考えたら答えを見る。
  • わからないところがあったら強い人に訊く。(誰もいなければ私でも構いません)

 

調整のむずかしいところですが、効率の良さを考えて勉強することも大事ですよ。

 

 

まとめ

 

  • 量より質を重視
  • 得た知識を実践する努力
  • メンタル管理をしっかり
  • マナーを守る
  • 効率を考えて勉強を

 

誰にでも勝てない時期はあります。

あの藤井聡太七段でも奨励会時代は降級点(2勝8敗)を取った経験があるそうです。

 

そういう時期に、いかに自分の悪いところを見直せるか

強くなるかどうかが決まりますよ!

私もですが皆さん頑張りましょう!

 

以上、将棋が強くならない人の特徴でした!

Pocket
LINEで送る