今回は角の手筋を次の一手形式でお教えしていこうと思います!

全4問あるので最後まで解いていってくださいね。

ちなみに問題のレベルは3級~三段です!

 

 

第1問

 

 

 

図は△6二飛と指してきた局面です。

有段者の方はノーヒントで。

級位者の方は下へスクロールしてヒントを読んでください。

 

 

 

 

 

 

 

【ヒント】

 

・相手の銀の捕獲を狙います。

・遠見の角

 

答えは下へ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲1八角です!

 

 

相手は次に△5四歩~△5三歩で銀の捕獲を狙っていました。

それを防ぎつつの角打ちですが次に▲3六歩で相手銀の捕獲も狙っています。

おまけに△8一の桂取りで先手優勢ですね!

 

遠見の角は好手になることが非常に多いです。角の手筋で最初に出てくるくらいですからね。

覚えておきましょう。

第2問

 

 

実戦に出てきそうな形ですね。

局面は今、相手が△2八角と打ち込んだところ。

このままでは香車が取られてしまいますね。なんとかしたいです。

 

これも有段者の方はノーヒントで行きましょう。

級位者の方にはヒントを用意してあります。↓

 

 

 

 

 

【ヒント】

・五手一組

・△2八の角を捕まえるにはどの駒が必要?

 

 

答えは下へ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲4一角です!

 

 

飛車取りなので△2二飛と逃げる一手ですが、そこで▲5二角成。

△同金or△同玉に▲1八金で角を捕まえることができました!

以下、△1九角成に▲同金で金香交換。陣形もこちらの方が固い。

優勢は間違いないですね!

 

△2八角のような手は成立することが少ないです。

この問題のように大駒で金をはぎ取って

角を捕獲する手筋は実戦にも多く出てくるので、気を付けてください!

 

第3問

 

 

今、△8七歩成と指されたところです。

このままだと飛車と角、両方取られてしまいます。

局面はかなりのピンチですが、ここでこの状況を打破する一手があります!

 

有段者の方はノーヒント。

級位者の方は下にヒントがあります。

 

 

 

 

 

【ヒント】

・焦点の角

・強手

 

答えは下にあります↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲8六角です!

 

 

 

△同飛と△同とは▲7五飛で銀が取れるので

△同銀か△7八とですが、△同銀は▲7一飛成

△7八とは▲7五角で王手しつつ銀を取ることができます!

 

焦点の歩ならぬ、焦点の角ですね(^-^)

この▲8六角は部分的にはよくある筋で、

例えば下のような局面があったとき、

 

 

これも▲8六角(▲同角)と取るのが正解になります。

以下、△同角に▲同歩(▲7一飛成は△6四角でダメ)、

そこで相手が△7三歩と受ければ▲8八飛~▲8五歩と指していきます。

 

ちなみに▲8六同角に代えて▲同歩は△7六歩から抑え込まれてしまいます。

その時、△8六歩が入っていなければ▲9五角と出て良いのですが、

それが指せないためこちらが悪いです。

 

▲8六角は振り飛車の基本手筋です。忘れないようにしてください。

 

第4問

 

 

最後の問題は高段者同士の実戦からです。

角の手筋というよりは次の一手問題を意識して解いてみてください。

 

局面は△7七角成と指したところ。

一見、後手が良さそうに思えますが必殺の一手で一気に先手優勢になります。

この問題は有段者にもヒントがあります。(下へスクロールしてください)

もちろん級位者の方にもヒントがあります。

 

 

 

 

 

【有段者へのヒント】

・飛車先突破するためには?

 

級位者のヒントは下へ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

【級位者へのヒント】

・飛車先突破するためには?

・相手の馬と金の連結を断とう!

・焦点の角

 

答えは下へ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは▲3三角です!

 

 

△同桂は▲2二飛成、△同金は▲2一飛成、△同馬は▲同桂成で先手優勢です!

そのほか、△2四歩とするのも▲7七角成△2五歩▲2二馬で

駒得になるので同じく先手優勢です!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した角の手筋はほんの一部でしかありません。

角には無限の可能性があります。

盤面を広く見て、どこかに角を打ち込めないかと目を張り巡らせてください。

 

今回、全問正解した方は次の一手問題において三段以上の実力がありますよ!

わからなかった、間違えた問題があった方は復習を怠らずに!

 

以上、角の手筋集でした!

Pocket
LINEで送る