「詰将棋を作ってみたい」

と思っても、どう作ればいいかわからない。

 

そういう方、多いと思います。

 

今回は過去に『詰将棋パラダイス』の入選経験のある私が、

詰将棋を誰でも簡単に作れてしまうコツを伝授します!

 

「自分はまだ指し将棋が弱いし・・・」という方はご安心ください!

詰将棋を作るのに指し将棋の実力は関係ありません。

たとえ15級でもプロが大絶賛するような詰将棋を作ることができますよ。

 

「自分は難しい詰将棋が解けないからな・・・」という方もご安心ください!

詰将棋はコツさえ覚えてしまえば、

自分が解くレベル以上の詰将棋を作ることができます。

(ですが1手~5手詰めくらいは解けた方が詰将棋を作る幅が広がります)

 

それでは早速見ていきましょう。

 

詰将棋作成上のルール

 

基本的には指し将棋のルールと同じですが、

完成度を上げるには詰将棋用のルールを守る必要があります。

 

もう知っているよorとにかく何でもいいから作ってみたい、

という方は先に進んでください。

 

詰将棋の基礎的なルールは以下の通りです。

 

  • ・受け方は最長手数となるように逃げる
  • ・詰み上がった時に攻め方の持ち駒は余らせない
  • ・2通り以上の詰み筋を出さない(余詰)
  • ・手順前後となる詰み筋を出さない
  • ・限定打、限定合(ここしか打つ場所がない、この合駒しか最長手数にならない)

 

 

自分の作った詰将棋がルールを守れているか、が

気になる方は将棋ソフトを使うと良いでしょう。

初手から1手ずつソフトの検討手を見ていけば

上に記したルールはすべて確認できるはずです。

 

私もそうですが、最近の詰将棋作家は完成してから

将棋ソフトでよく確認作業を行っています。

 

二つの作り方

 

詰将棋には

 

  • ・逆算

  • ・任意

 

という二つの作り方があります。

 

逆算は詰んでいる形から手数を伸ばして作っていく手法

任意は盤上にランダムに駒を置いて作っていく手法。

 

初心者の方には逆算をオススメします。

なぜなら最後の詰み手順(収束)が決まっているので、

詰将棋が苦手でも作りやすいからです。

 

この記事では逆算の作り方でのコツをお教えしようと思います。

まずテーマ図がこちら↓

 

 

 

▲2四桂の一手詰めですね。

ここから少しずつ詰将棋らしくしていきましょう。

 

今回お見せする詰将棋はすべて私のオリジナル作品です!

(もし同形作品があったら申し訳ないです)

 

詰将棋を作るコツ 初級編

 

逃げ道を広げる

 

例1

 

▲2四桂△1三玉▲2五桂までの3手詰め。

 

例2

 

▲2四桂△2一玉▲4三馬△3一玉▲3二馬までの5手詰み。

 

まずはこんな風に受け方の逃げ道を広げてみましょう。

 

両問題とも一つ駒を動かしたり、取っ払ったりしただけですが、

少し詰将棋らしくなりましたよね?

 

例1のように逃げ道を広げて詰まなくなった場合は、

持ち駒に何が増えたら詰むかを考えるのも大事なポイントです。

 

玉の場所を変える

 

例1

 

▲1二金△同玉▲2四桂△1一玉▲1二金までの5手詰め。

 

例2

 

▲1二飛△同玉▲2四桂△2二玉▲1二金までの5手詰め。

 

作った詰将棋に例1の▲1二金、例2の▲1二飛のような

「捨て駒」が出てくると作品としての評価が高くなります。

 

玉の場所を変えると、元の位置に戻すための「捨て駒」

現れるのでぜひ積極的に使ってください。

 

詰将棋を作るコツ 中級編

 

 

 

邪魔駒を入れる

 

 

例1

 

▲2五桂△1二玉▲1四飛△同桂▲2四桂までの5手詰め。

 

 

例2

 

▲1三銀成△同桂▲2四桂△2一玉▲4三馬△同銀

▲3三桂△3一玉▲4一歩成までの9手詰め(詰め上がり図)

 

詰め上がり図

 

 

▲2四桂から詰ましたいときは、あえて▲2四の地点に駒を置くのも有力です。

そうすれば邪魔駒を捨てることになりますので、

「捨て駒」ということで作品の質が上がります。

 

打ち歩詰め

 

まず「歩を打って詰ますと反則負けになる」ことを

理解していることが前提になります。

 

例1

 

▲2四馬△同歩▲1四歩△2三玉▲1五桂までの5手詰め。

 

例2

 

▲1三桂成△同玉▲2四馬上△1二玉▲2三馬左△同歩▲1三歩△2二玉

▲3四桂△3二玉▲4二馬までの11手詰め(詰め上がり図)

 

詰め上がり図

 

打ち歩詰め回避の仕方はこれ以外にもたくさんあります。

案外、指し将棋にも打ち歩詰めの局面は発生するので、

打ち歩避けの詰将棋を作れば実戦にも生きますよ!

 

詰将棋を作るコツ 上級編

 

合駒問題

 

合駒問題は合駒を一種類に限定しなければいけない

(その他の合駒だと早く詰む)ので創作難易度は一気に上がります。

 

 

例1

 

▲2四香△2三桂▲同香成△2一玉▲1三桂△同香▲1二成香までの7手詰め。

 

 

▲3二飛△2二桂▲同飛成△同玉▲3一角△2一玉▲4三馬△1二玉

▲2四桂△同歩▲1三歩△2三玉▲3二馬までの13手詰め(詰め上がり図)

 

詰め上がり図

 

今回は桂の限定合でしたが、そのほかの駒を限定合に選ぶ作品もあります。

合駒問題は解く方も作る方も根気が要りますので、

ある程度経験を積んでからの方が良いかもしれません。

 

 

双玉

 

双玉は自玉も協力して敵玉を詰ます問題です。

ですが時には自玉が邪魔して詰ましづらくなることも。

 

例1

 

▲1五香△1四角▲2三金までの3手詰め。

 

例2

 

▲1三金△同桂▲2四桂△2二玉▲2一飛△同玉

▲4三馬△2二玉▲3二馬までの9手詰め(詰め上がり図)

 

 

詰め上がり図

 

 

例1、例2ともに逆王手が色々あって、詰ますのが大変ですよね(笑)

普通なら簡単に詰むのに……という形が多いのが双玉の特徴です。

 

双玉の問題を作る方は少ないですが、意外と中毒性の高い詰将棋ですよ!

 

余詰め、不詰めを解消したいとき

 

作ったはいいけど余詰があるor不詰めだ

という状況になったとき、まずやるべきことは

 

  • ・持ち駒を増やすor減らす
  • ・持ち駒の種類を変える

 

です。

 

これがダメだった場合、今回紹介したコツをうまく組み合わせて使ってください。

なるべく収束を変えないように作るのがポイントですよ。

詰み筋を変えてしまうと、また一から考え直さなければいけないので、

時間がかかってしまいます。

 

作品が完成したら将棋仲間や将棋ソフトに解いてもらいましょう。

それで問題がなければ完全作品です。

 

最後に

 

今回の問題は半日ですべて作ったので、

クオリティに欠けるところがあるかもしれません。

ですがポイントとなる箇所はしっかり説明できたと思います。

 

今回、紹介したコツを使って作りましたよ、という作品があれば、

コメントで見せて頂けると嬉しいです!(^^)!

 

以上、【誰でもできる!】詰将棋の作り方でした!

Pocket
LINEで送る